みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.33:京セラ(1)〜セラミックナイフとは?〜2004.11.30

今回はゆみぞうさんが使って納得した『かるいまないた』(旧『スリムまないた』)など
キッチングッズについて京セラさんにお話を伺いました。お話をしてくださったのはこのお2人です。

宝飾応用商品事業部 マーケティング部応用マーケティング課
応用販促企画係 責任者 吉井さん (左)
広報室本社広報課 永島さん(右)

吉井さん(左)と永島さん(右)

こんにちは。 今日は数ある京セラさんの商品の中でも私たちが身近に使うキッチングッズについてお聞きしたいと思います。
京セラさんといえば社名の由来になっているように、セラミックの会社ですよね。
セラミックがどんなキッチングッズになっているんですか?

【吉井】セラミックとは大雑把に言うと陶磁器、焼き物のことです。
たくさん種類があるのですが、中でも純度や硬度の極めて高いものを“ファインセラミック”といいます。
現在名誉会長である稲盛はこの素材をご家庭の主婦や学生さんといった多くの方に使っていただきたいと考え、一番庶民的な商材であり、セラミックの「硬い」という特徴を活かせる刃物を作ったらどうだろうと考えました。
こうして20年前に世界で初めてセラミックを使った包丁が誕生し、ピーラーやスライサーなどのキッチン道具に広げていったのです。

高度な技術を多くの人に使えるようにしたんですね。ではセラミックナイフの特徴とはどんなことですか?

【永島】 ・硬くて磨耗しにくいので、切れ味が長持ちする。
・錆びないので、水洗いができ、台所用漂白剤で除菌ができる。
・金気(金属イオン)を出さないので、食材に金属臭がつかない。
という3つの特徴があります。
ファインセラミックはダイヤモンドの次に硬いんですよ。
ファインセラミックナイフ
ファインセラミックナイフ
【吉井】 セラミックナイフはとても硬いので上手に使えば、2、3年研がずにお使いいただけます。基本的に、新品のものであれば鋼の包丁も、ステンレスの包丁も、セラミックの包丁も全てよく切れると思います。
でもステンレスの包丁はやわらかいので通常1週間で磨耗してしまい、頻繁に研ぎなおしをしなくてはなりません。
鋼の包丁でもステンレスより数倍硬いというレベルです。持続性、つまり耐磨耗性についてセラミックはとても優れた素材なのです。

2つめの特徴である「錆びない」という特徴によってセラミックナイフは台所用漂白剤や食器洗浄乾燥機を使って洗うことができます。
この特性は90年代後半におきたO-157問題から関心が高まりました。
直接口に入れるものに触れるので、台所用品は清潔でなければなりません。
"まな板"であれば8割以上の方が漂白除菌あるいは熱湯消毒するのですがセラミックナイフも同じように消毒することができます。
漂白剤を使える刃物は他にはありませんから、みなさん驚かれます。

最後の特徴は金気を出さないので食材や包丁に臭いがつかないということです。
例えばたまねぎを鋼の包丁とセラミックの包丁で同時にみじん切りをして置いておくと鋼の包丁の場合は10分ほどで茶色く変色してきますが、セラミックでは変色しません。色が変わるということは味や臭いを変えているということです。

ではセラミックナイフはどんな時に使えばいいでしょうか?


セラミックワイドピーラー
刃渡りが8cmのワイドサイズでキャベツの千切りも簡単にできる。
【吉井】 そうですね、最近では食べ物の雑誌も多くありますし、グルメ嗜好やおいしいものを食べたいという気持ちを持っている方が多いと思うんです。
セラミックナイフは臭いをつけませんからそういった方たちがより食材の風味・味を楽しんでいただけるようになると思います。
ですから特に生の食材や香りを大事にする食材を調理するときにお使いになるといいですよ。

食材の味を生かすということですか。

【永島】そうですね。
料理をすることで素材をそのまま食べるよりも味が良くなればよいのですが、素材に刃を入れることによって風味が変わってしまうということはもったいないですよね。セラミックナイフを使うことで食材をよりおいしく召し上がっていただきたいというのが私達の思いです。
もし金属イオンや臭いでよりおいしくなるようであればセラミックナイフである意味がありませんが、今のところそういった話はありません。
「セラミックナイフはよく切れる」ということはみなさん段々とご存知になってきていますが、同時に「セラミックナイフは食材に臭いがつかない」といった良さも知っていただきたいなと思っています。
>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved