みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.32:丸善(2)〜2004.11.18

前回まで出店の意図などを聞いてきました。では取り扱っている"中身"についてお聞きしたいと思います。

本屋さんってすごい数の本が並んでいますが、だいたい1店舗に何冊の本がならんでいるのですか?? (20代 男性)
ものすごく大量の蔵書を揃えていらっしゃいますが、取り寄せる本の採用はどのように決めていらっしゃるのでしょうか?分野も色々だし、とても大変そうですね。 (40代 女性)
明治3年開店した日本橋店の様子
明治3年開店した日本橋店の様子
【原田】 丸の内本店の場合、オープン前に行った棚卸しでは97〜8万冊の蔵書がありました。オープンした今では新刊なども入ってきていますから120万冊はあると思います。

取り寄せる本、つまり品揃えについてのご質問につきましては大型の店舗では「何を置いているか」というよりも「何を置いていないか」が特徴になっています。

本は出版社の倉庫で眠っているものが圧倒的に多く、実際に流通している本はさほど多くないんです。その中からお店に並べる100万冊を選ぶときには、「何を選ぶか」ではなく「何を選ばないか」という基準になるのです。
日本橋店では他の本屋さんで買うことのできるコミック、学習参考書、タレント本を扱いませんでした。それ以外は何でも置いていて、特に医学書、技巧土木書などの工学系専門書、哲学、神学など町の本屋さんでは置いていないものを充実させていました。

丸の内にできた新本店も「何でもある」のですが、広い意味でのビジネス書に特化しました。土地柄ビジネスをする人が多くいらっしゃるので、経営や株に関するビジネス書を充実させたほか、彼らが仕事以外の時、趣味で読む本も充実させました。
もちろん主婦の方や学生さん向けの本も置いているのですが、特にお仕事をされている方が読む本が充実しています。

何でも揃っているんですか…。すごいですね。

丸の内本店 4階洋書コーナー
丸の内本店 4階洋書コーナー
【原田】書店の個性は蔵書の品揃えだけでなく編集に現れるんですよ。
多くの蔵書エディターとして編集し、本棚に並べるんです。例えば「西洋史」の棚でしたら、歴史を踏まえた上で年代別に並べるのか、地域別に並べるのかを考えます。
実用書の場合も同じことで、「ダイエット」を病気から体を守るものとして考えれば「成人病」の隣に、美しい体型を保つものとすれば「美容」の隣に置きます。担当した人の知識や好みが反映されますから、よく見ると本棚は書店ごとに違うんですよ。

そうなんですか。今度からよく見てみたいと思います。丸善さんでは本以外にも色々なものを売っていますよね。

丸善って本がメイン商品なのですか?
岡山では服を売ってたような気がするし、何か統一した物が無いような気がするんですけど…(40代 男性)
もう20年くらい前のことだと思うが、1930年代のドイツの詩人が書いた詩を舞台俳優が歌ったレコードを探していて、大手のレコード店、電気店を探したがなかった。もしやと思って丸善に行ったらしっかりあり、感激すると同時に、こんなものを買う人がいるのかなと不思議にも思った。この手のマイナーな「文学」のレコードはどういう基準で選ばれて仕入れられているのだろうか。(40代 男性)
丸善創業者 早矢仕有的氏
丸善の創業者 早矢仕有的氏
【原田】丸善は早矢仕有的(はやしゆうてき)が西洋の知識や技術を日本に紹介する商社を作るようにと福沢諭吉にすすめられて明治2年に作られました。
ですから元々洋書は取り扱い商品の1つで薬や衣料品などあらゆるものを輸入する商社でした。日本で最初に西洋の洋服を扱ったり、こうもり傘を作ったりしたのは丸善なんですよ。
丸の内本店4階 文具コーナー
丸の内本店4階 文具コーナー
【原田】今でこそ、多くの方が洋書を読まれますが、当時洋書を読んでいたのは帝国大学などに勤めるトップクラスの学者さんだけでした。
こうしたお客さまに喜んでいただけるようなものを揃えていたようです。 また、外遊にいかれたお客さまから「こんな商品がある」とご紹介を受けたりもしていたそうです。今はそこまでお客さまを絞っているわけではありませんが品揃えにはそんなテイストをが反映されているのでしょうね。文学のレコードもその1つだと思います。

そんなこだわりの商品をネットで買えるようにして欲しいというご意見がありました。

関西なので東京のお店には一度しか行ったことがありません。
今後はネット販売とか充実していただけるのでしょうか?文具とかも欲しいものがあるのですが?(50代 女性)
【原田】 丸善インターネットショッピングがありますから今でも一部をインターネットでご購入いただけます。
もうすぐリニューアルをするのでもっと使いやすくなる予定です。ぜひこちらをご利用ください。
>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved