みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.28:メロンちゃん(4) 2004.9.16

お店を出していて嬉しいのはどんな時ですか?

焼き上がりを待つ列(新宿ペペ横)
焼き上がりを待つ列(新宿ペペ横)
【澤村】今回(阿佐ヶ谷パールセンター)は移動ではなく、同じ場所で連日お店を出しているので、毎日来てくださるお客様がいらっしゃいます。
その方と「いつもありがとうございます」という話をすることが嬉しいですね。
通常、『メロンちゃん』では同じ場所に出店するのは1週間のうちに1、2回だけなのですが、どこの場所でも1日でリピーターさんがついてくださいます。

また年配のお客様が買いにこられて「孫が好きなの」というお話を聞くとお子さんにも受けているんだなと嬉しいですし、頑張った甲斐があったと思います。
時にはお客さまがたくさん来られてメロンパンを焼くのが間に合わない状態になることがあります。
お待たせするのは申し訳ないのですが焼くのが間に合わない状態になるほど売れているということですし、「この前食べておいしいから来ちゃった」とか「並ぶ価値あるから」というお客さんの声を聞くと、やっぱり嬉しいです。

お客さまから愛されていますね(笑)。お客様から「次はいつ来るの?」などよく聞かれるんじゃないですか?

メロンちゃんののぼり
【澤村】毎回、どこでも聞かれます。
「どこに行けば買えるの」「いつまで居るの」「何時までやってるの」という質問を必ず受けます。ちなみに営業時間は11時に販売開始をしてメロンパンが売り切れたら営業終了です。私は本部担当として新しい営業地を探しているので同じところに帰ってくることはほとんどありません。でも大体他のオーナーさんに新しく入ってもらうので大体1週間ないし2週間くらいで『メロンちゃん』が帰ってきます。
そこが定着するような場所であれば、毎週そこに『メロンちゃん』のお店がやってくることになります。

最後にオピ研を読んでいる方にメッセージをどうぞ。

焼き上がりを待つ列(新宿ペペ横)
焼き上がりを待つ列(新宿ペペ横)
【澤村】まだ他の移動メロンパンの業者さんと間違えて認識されることがあるので、今後は差別化をしていきたいと思っています。

全国的に見ても、まだ車両の台数は増えて成長していく予定です。
オーナーさんも増えていますから、今まで『メロンちゃん』のメロンパンを食べたことがない方にも『メロンちゃん』のメロンパンが届くようになると思います。
お店を見つけたときにはひとつ120円のメロンパンを「話題になるような味なのか?」と試してみてください。

街で『メロンちゃん』を見かけるのを楽しみにしています。今日はありがとうございました。

>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved