みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.26:H.I.S.(4) 2004.8.19

opi-netで寄せられたものの中にこんな質問がありました。

・海外旅行を扱うプロとして、「ここが海外の観光地と比べて日本には足りない。
 日本のここを改善すれば日本にも海外旅行客が増えるのに。」と思うことを教えてください。(20代女性)

【澤井】これは結構あります。まずは標識です。
最近でこそ英語の併記がありますが、まだまだ少ないと思います。
また韓国や中国からのお客様も多いので、ニーズに合わせて韓国語や中国語の併記もしていかなければならないと思います。

観光案内所も少ないですね。海外に行くと必ず観光案内所がありますが日本では限られています。ですから外国の方が空港に着いて、最初に東京に出てきて「どこに行こう?」と思ってもどこに尋ねていいのかわからず不便でしょう。

また、両替所もとても少ないです。通常日本では銀行に行ってマネーチェンジをしなければならないのですが、日本人でも銀行の両替に手間どるのですから外国の方はさらに難しいと思います。

このように観光に関する基本的なインフラがまだ整っていないと思います。

確かにそうですね。また、こんな質問も来ています。

・観光地を盛り上げていくために、どのような取り組みをされていますか。(10代女性)

【宮本】特定の国に対しては行っていませんが、海外旅行は安全であることをPRするキャンペーンを行いました。
昨年、イラク戦争のためにお客様に旅行を差し控える動きがありましたよね。このときに 「ラブ・ピース・トラベル」というキャッチフレーズを作って、全国のH.I.S.の支店で朝8時から一斉に全スタッフがチラシを配りました。社長も渋谷駅でチラシを配ったんですよ。

確かにそうですね。また、こんな質問も来ています。

・観光地を盛り上げていくために、どのような取り組みをされていますか。(10代女性)

【宮本】特定の国に対しては行っていませんが、海外旅行は安全であることをPRするキャンペーンを行いました。
昨年、イラク戦争のためにお客様に旅行を差し控える動きがありましたよね。このときに 「ラブ・ピース・トラベル」というキャッチフレーズを作って、全国のH.I.S.の支店で朝8時から一斉に全スタッフがチラシを配りました。社長も渋谷駅でチラシを配ったんですよ。

大掛かりなキャンペーンですね。実際のところ、今外国は安全なんですか?

・今、一番安全な国ってどこですか。 (怖くて、日本を出たくありません。最近日本も…) (40代女性)    同様の質問:3

【佐藤】例えば、日本でも安心なところと、そうでないところがあって、気をつければ防げるアクシデントがありますよね。
外国もそれと一緒だと思います。

テロや戦争があったから海外旅行が特別に危険になったわけではないということでしょうか。

【宮本】そうですね。また、ご自身で意識的に気をつければ危険に遭う確率がぜんぜん違うと思います。

H.I.S.さんは今後どのようになっていきたいと考えていますか。

スカイマークエアラインズ
スカイマークエアラインズ
【宮本】先程社名についてお話したように、「世界のH.I.S.になろう」と思っています。
H.I.S.では国内にもスカイマークエアラインズという飛行機を飛ばしているのですが、これが 国内航空券の価格破壊につながっていると思います。私たちが航空券を値下げすることでお客様がリーズナブルに旅行を楽しめるようにしていきたいと思っています。

最後に言いたいことがありましたらどうぞ。

【宮本】質問数が多いので、残念ながら今すべての質問にお答えできません。
ですがいただいたご意見・ご質問をもとにさらによりよいサービスができると思います。ありがとうございました。

お話を伺っていてH.I.S.の方の熱意が伝わってきました。ありがとうございました。

>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved