みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.23:マクドナルド(3) 2004.06.29

マクドナルドのメニューについてお伺いしてきましたが、次はお客さまと接する人、
アルバイトさんや店員さんについてお聞きしたいと思います。こんなご意見が寄せられました。

今から20年以上も前の話です。大学1年生の時に下北沢店でアルバイトをさせていただいていました。きめ細かなマニュアル・わかりやすい昇給制度に、それまで社会というものを何も知らなかった未熟な女学生だったわたしは、働くことの楽しさを知り、労働へのモチベーションも大いに上がったものです。時は流れて、今は中学2年生の娘を持つ身になりましたが、娘がアルバイトをしたいという年頃になったら、真っ先にマクドナルドで働くことを薦めたいと思っています。  (30代女性)
ありがとうございます。素敵ですね。
実は従業員のおこさんがマクドナルドでアルバイトをしたり、親子揃って同じ店舗でアルバイトをしている方もいますよ。
また、定年で仕事を辞めたあと働く方も多いようです。マクドナルドのアルバイトには基本的には年齢制限はありません。
高齢のクルーの方も多くて、私が知っている中では80歳のクルーがいます。

ええ!すごいですね!

"シルバークルー"と呼ぶのですが、大勢いらっしゃいます。
シルバークルーにはお客様のお席を回ってテーブルを拭いたり、植木にお水をあげたりといったその方々に適したお仕事があります。
ビジネス街ではなかなか少ないのですが、郊外や地方の店舗では、お客さまと挨拶をしたり、コミュニケーションを取っていくという重要な役割を担っています。看板娘に近いかもしれませんね。
マックでレジから厨房の方を覗くと、いろんな制服の方がいらっしゃいますが、勤務年数、等級などが関係あるのでしょうか?また、制服は全部で何種類あるのでしょうか。 (20代女性) 同様3通


マクドナルドのクルーの制服
おもしろい質問ですね。制服は大体3種類です。通常のクルーが着るもの、お客様係が着るもの、マネージャーが着るもの、1つのお店に大体3種類の制服があります。 

ご覧いただくとわかるのですが、お店で働くクルーは真冬も半袖を着ています。外気に触れるようなカウンターのクルーはセーターやジャンパーを着たりしていますが、基本的には1年中半袖です。
これは1時間に1回必ず行う肘までの手洗いのため、衛生上の観点から半袖のユニフォームを着用しています。1時間に1回爪まで洗うんですよ。

徹底していますね。

マックの人たちは、手を洗うときに肘まで洗うと言うのは有名な話ですが、
その後にお金をいじったりしたそのままの手で、商品を扱っては意味がない気がするのですが?(30代男性)
お金を扱うポジション、調理するポジションなどローテーションで仕事が決まっているので、お金を触った手で食品を触るということはありません。
もちろん、ポジションが変わるときには時間に限らず必ず手を洗っています。
それにしても、みなさんよくご存知ですね。

自分がマクドナルドによく行くだけではなく、友達がマクドナルドで働いてたり…ということがあるんでしょうね。

そうですね。
特にマクドナルドではアルバイトさんのマナーも取り上げられることが多いのですが、社内には「ハンバーガー大学」という大学機関があります。
ここで社員は全員マネージメントや人材育成を学びます。アルバイトさんの中でも、ある程度のマネージャー権限を持つ「スウィングマネージャー(アルバイトマネージャー)」には入ってきたばかりのアルバイトさんへの接し方などを含めた授業をここで受けていただいています。
いつからスマイル0円をするようになったのですか、またどうして??  (20代女性)同様9通
衝撃的で面白いですよね。
これは本社の意向などではなくて、大阪のある店舗のアルバイトさんの案から生まれたものです。
このようにアルバイトさんの意見やアイディアが採用されることが多いので、アルバイトさんたちもモチベーションが高くなるようです。
マクドナルドではには「グッドアイディア」という応募システムがあって、そこにアイディアを書いて送ると本社に伝わり、
良いものは全国のマクドナルドで実現することがあるんです。採用された場合は、プライズもありますよ。

それは面白いですね。
アルバイトの他に、コメントが多かったのは『ハッピーセット』についてです。『ハッピーセット』について教えてください。

毎回子供が、楽しみにしているんですが、ハッピーセットのおもちゃはどうやって決めてるんですか?
次はどのキャラクターのどんなおもちゃにするとか、担当の方がいらっしゃるのでしょうか?  (30代女性)同様10通
THE DOG (C) artlist INTERNATIONAL
©artlist INTERNATIONAL
1983年に始まった『おもちゃセット』が現在のような『ハッピーセットに』に変わったのは95年のことです。おもちゃセットに登場した最初のおもちゃは「ダイヤブロック」だったんですよ。それから3週間くらいずつの期間でおもちゃが変わります。 

おもちゃを決めているのは本社にある「マーケティング本部」の中にあるハッピーセットの担当チームです。日本だけではなくてアジアパシフィック全体をターゲットに決めています。一緒に開発して作るので、香港やタイ、中国などでも同じおもちゃが登場します。中には全世界共通というものもありますが、最近では随分少なくなりました。もちろん"おじゃる丸"(NHK教育のアニメ)など日本オリジナルもあります。これは『ハッピーセット』始まって以来、一番売れました。今まであまりグッズになっていなかったからでしょうね。 他に人気があるものといえばキティちゃん、スヌーピー、THE DOGで、このように人気があるものはバージョンを変えて翌年にも発売しています。

うっかり食べてしまわない大きさにする等、おまけを作るときに気をつけていることはありますか?

はい。とても厳しくチェックしています。マクドナルドは品質管理基準が非常に厳しいんです。
お子様のお口に入って喉に詰まらせてしまわない大きさもそうですし、素材・着色料・使っている製品等もかなり厳しいチェック項目があります。
例えばおもちゃに使う塗料なども、国の認可基準よりもマクドナルドの基準の方が厳しいくらいです。ですから国で「使ってよい」ものでもマクドナルド基準では「使えない」ということも多々あります。安全性にはとても気を使って作っています。

今や大人にも大人気の『ハッピーセット』ですが、こんな質問も来ています。

ハッピーセットはもう少し大人の女性もターゲットにできないでしょうか?(30代女性)同様1通
商品によっては、中高生や大人の方にも可愛いと、買っていただく場合もあるのですが、基本的には『ハッピーセット』はお子様向けのセットです。
でも、こうしたお話をたくさんいただいているので、いずれは大人向けのセットがあってもいいかも知れませんね。

どんなものがおまけになるんでしょうね。ぜひ実現させてください(笑)

>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved