みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.22:アキレス(3) 2004.06.15

『ECCO』ではウォーキング用の靴だけではなくて、ビジネスシューズやサンダルも扱っていますよね。

男性用ビジネスシューズ
男性ビジネスシューズ
【永島】はい。
一番最初はユニークなカジュアルシューズとしてスタートしましたが
今ではビジネスシューズ等も扱っています。というのも人には色々な生活シーンやライフスタイルがあるからです。また「夏になったらサンダルを履きたい」、「履きやすいビジネスシューズやパンプスが欲しい」という気持ちが出てきたりします。そんな様々なシーンに対応したり、欲求を満足させるために、今では多くのカテゴリーに新しい商品を投入しています。

この世界的な大競争時代において、これからブランドは淘汰されていくでしょう。今『ECCO』は世界規模のカジュアルシューズブランドの中で売上は7位です。ビッグブランドになってきた『ECCO』では様々なカテゴリーの靴を発売していくことが大事だと思っているのでメンズ・レディースのカジュアルシューズはもちろん、キッズやスポーツシューズもより充実させていこうと思っています。
特にスポーツシューズは昨年から始めた『RECEPTOR(レセプター)』という新しいカテゴリーで充実させていきます。ウォーキングシューズから始まったのですが、これから徐々にジョギングなど様々なスポーツへ広げていく予定です。いずれはサッカーシューズも、という声も出ているんですよ。この『RECEPTOR』とは感覚器官という意味で、デンマークのコペンハーゲン大学の研究所と共同開発した、しっかりと歩くためのウォーキングシューズです。 これを履くと、はだしの時と同じように地面の状況を捉えて歩行ができるんです。

…はだしと靴を履いた足では何が大きく違うんですか?

【永島】人間の足、特にはだしであれば、目をつぶっていても自分が坂道にいることや、何かがあることを感覚でわかりますよね。
でも足を保護するために靴を履いてしまうと、足の裏と地面が靴底で遮断され感覚が鈍ってしまいます。
この『RECEPTOR』では足裏の感覚が鈍りにくいように、路面の状況を的確に脳まで伝えられるシステム「スリーフィンガーシャンク」を靴底に入れています。

すごい機能ですね。履いてみたくなりました。ではそんな良い靴をどんな方に履いてほしいですか。

ゴルフシューズ
4月に日本に上陸したばかりのECCOのゴルフシューズ。
【永島】『ECCO』ではより多くの人々に履いていただきたいと考えています。ですから価格帯も1万円から1万5千円でおさまるような商品を充実させています。それでも高いと思われる方もいらっしゃるとは思うのですが、「履いて疲れない靴を」という欲求は若い方からご年配の方まで共通してお持ちだと思います。ただ、若い方は歩きやすさよりも見た目の良さを強く求めるのかもしれません。そういう方は結婚式やパーティでは特にデザイン性が高い靴を履いて、長時間歩行するときは『ECCO』を履くなど目的に合わせて靴を履き分けてくださればと思います。 

なるべく多くの人に履いていただけるプライスゾーンの中でカジュアルからビジネス、スポーツ、キッズと色々な生活シーンに合わせられる品揃えをするブランドは『ECCO』の他にはあまりないと思います。

そういえばあまりないですね。

【永島】また『ECCO』のお客さまの特徴として一度履いたらやめられないというリピーターがとても多いことがあります。
「私は10足持っています」とか「これは20足目の靴になります」という方もいらっしゃるんですよ。
こうした方々がいてくださることが『ECCO』が成長している理由だと思います。

あの…靴のプロである永島さんにお聞きしたいのですが『ECCO』に限らず良い靴とはどんな靴ですか?


「返り」の良さを実証
【永島】そうですね…「返り」が重要だと思います。先ほど(第1回)もお話しましたが、「返り」が良いと自然な歩行ができますし、靴擦れしにくいですから。 

また、靴の中で足指が動く、広がる靴が疲れにくい良い靴です。
自然に歩いている時、踏ん張るために足の指が広がります。
先がとがった靴が疲れやすいのは足の指先が広がらないからです。
『ECCO』シリーズにもファッション性の高いパンプスなどがあります。

これはウォーキングシューズなど(『ECCO』の)他の靴と比べると 同じ履きやすさとはいえませんが 似たようなデザインの靴と比べると返りも良くて大分履きやすくなっています。他には皮の質やデザインの良さも良い靴の条件になると思います。でもどんなに良い靴でも自分のサイズ・足に合わない靴ではダメです。

毎日履くだけにちょっとした工夫があって履きやすい靴はありがたいですね。
では何かオピ研を読んでいる方に伝えたいことはありますか?

【永島】足は第2の心臓と言われるくらい健康にとって重要なところですので、合わないサイズの靴は履かないでいただきたいです。
これは健康を害する大きな要因だと思います。ですから『ECCO』に限らず(笑)良い靴を履くことは病気になりにくく足に合わない靴を履いて病院に行くことを考えれば経済的にも安いです(笑)。ですから良い靴を履いて毎日を快適にお過ごしください。

やっぱり足は大事なんですね。では続いてアキレスという会社についてお伺いします。

>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved