みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.21:カルビー(1)2004.05.25

「やめられない とまらない」でおなじみのかっぱえびせん、一度は食べたことがあるのではないでしょうか?今回はかっぱえびせんのカルビーさんにやってきました。
お話を伺ったのは
えびせんカンパニー えびせんグループ マネージャーの宮倉さん(左)と
CRMグループ 広報室の二宮さん(右)です。

宮倉さん二宮さん

こんにちは。今日はよろしくお願いします。
(名刺を見て)宮倉さんは「えびせんカンパニー・えびせんグループ」のマネージャーさんなんですね。
「えびせんカンパニー」って面白いですね。

【宮倉】そうですね、遊び心がありますよね。
カルビーでは商品カンパニー制をとっていまして、「えびせんカンパニー」だけではなく「じゃがりこカンパニー」「ポテトチップスカンパニー」等があるんですよ。そのカンパニーごとに経営戦略を行うというスタイルをとっています。

このえびせんカンパニー内には「えびせんグループ」という商品企画をする部署、広島にある開発グループ、マザー工場である広島工場があります。マザー工場というのは、えびせんカンパニーの新しい商品のトライヤルを行う工場で、企画工場・生産工場の役目を担います。つまりカンパニーの中に生産部門・企画部門・開発部門があるというスタイルです。ここでえびせんブランドを中心として、いろんな商品開発をしています。

「オールソール」って何ですか?

【宮倉】はい。年間の発売アイテムとスケジュールを含めてのブランド戦略などを話しあっています。カルビーではまず「お客さまの声」を聞いて商品を作っていくのでひたすら調査をしています。そうした中でお客様の声を聞いたり、その声から商品をどう作るかという組み立てをするのがえびせんグループの仕事です。

お客様の声を聞いていい形になった商品にはどういったものがありますか。

1才からのかっぱえびせん(パッケージ)
1才からのかっぱえびせん(パッケージ)
【宮倉】最近だと『1歳からのかっぱえびせん』という商品ですね。
このオピバイヤーに投稿していただいた商品です。
この商品は実際に1歳のお子さんがいるお宅にお邪魔して、お母さんの横でお子さんが食べているのを見ながら商品を作っていったんですよ。それが今回開発していくなかで面白かったですし、実際に商品に生かせたと思っています。

実際に1才のお子さんに食べてもらって、どういう反応をみるんですか?

1才からのかっぱえびせん(中身)
1才からのかっぱえびせん(中身)
【宮倉】当初は我々側にかなり思い込みがありまして、仮説的な試食案を提示してもことごとく違う反応が出てきました。具体的には商品サイズなどです。1才くらいのお子さんですと、ものを持つのが上手くないので、開発当初は持ちやすいように(『えびせん』を)わしづかみに出来るような長いサイズにしました。確かに子供にとって持ちやすくて食べやすいのですが、一口で食べられないのでぽろぽろとこぼしちゃってその辺を汚してしまうんですよ。そうするとやっぱりお母さんは嬉しくないですよね。また喉を突いてしまう危惧があるのでこれはよくないぞと、今のような一口サイズにしました。

また1才くらいのお子さんですと、まだまだ咀嚼(そしゃく)が下手な年齢で、さらに歯の生え方に個人差があります。ですから「口どけ」を考慮しました。『1才からの〜』は『えびせん』自体の配合を変えて口どけをよくしています。我々自身も歯を使わずに口の中で溶けるかとか、水をかけて溶けるかとか実験をしてみるのですが、(実験よりも)実際にお子さんに食べてもらうときに無理なく食べてもらえるようにということが一番大切ですね。そういうところは行動観察的に見ていきました。

そもそも、なぜ『1才からのかっぱえびせん』を作ろうと思ったんですか。

ふつうのかっぱえびせん(左)と1才からのかっぱえびせん
普通のかっぱえびせん(左)と、1才からのかっぱえびせん(右)。
長さだけでなく色も違う。
【宮倉】今年で『かっぱえびせん』は40周年を迎えるんですが、基本的には昔から変わらず同じようなスペックで販売しています。「変わってほしくない」というニーズが強い商品なんです。『かっぱえびせん』は購入経験率や認知率がスナックの中でもずば抜けて高い商品ですので、小さいお子さんからお年寄りまでみなさんに愛してもらえるブランド作りを目指しているんです。

そうした中で、やっぱり小さいお子さん…特に1〜2歳の子供を持つお母さんから、「自分(お母さん)は『(普通の)えびせん』を大好きだけれど、子供にとっては塩分が気になる」という声が以前から寄せられていました。そこで今回は1〜2歳のお子さんにも安心して食べてもらえる商品を本格的に作ろうということでスタートしました。

1才からのかっぱえびせんの栄養成分表(上)と、普通のかっぱえびせんの栄養成分表(下)

1才からのかっぱえびせんの栄養成分表(上)と、
普通のかっぱえびせんの栄養成分表(下)。
上の数値を10倍にしても、脂質とナトリウム(食塩相当量)が全く違う。
【二宮】実際、この『1才からのかっぱえびせん』は塩分の含有量がとても少ないんですよ。

【宮倉】単純に言うと普通のかっぱえびせんの半分です。『えびせん』の場合だと、中身を作った後に、油と塩をかけて食べたときに塩味を感じるように作っています。『1歳から〜』は、後から油と塩を一切かけていません。小さいお子さんを持つお母さんには、(油と塩で)手が汚れないのと、塩分が半分になるということで安心して与えることが出来ると好評をいただいています。また塩分の摂取量とは別に、小さい子供を持つお母さんは小さい頃から濃い味を覚えさせたくないという思いがあると思います。
『1才からの〜』は「薄い味」と「塩分控えめ」という両方をクリアした商品になっています。お子さんがいる方はぜひどうぞ。

>>オピ研 バックナンバー

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved