みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.14:はなやま玩具(3) 2004.02.24

パズルを解くという行為を見ると解く人間のことまでわかってくるそうです。
「パズルの解き方における男女の違い」や「パズルを解けると実生活でも応用が利く?」そんなことをお届けします。

なんとなくなんですけど、こういったパズルを好きな人って男性が多くないですか?

キャストドルチェ
キャストドルチェ。難易度は3。
はい、そうですね。このキャストパズルを売っていると「男と女って本当に考えが違う」と思います。
男っていうのは凝り性が多くて一つのことを追求していって論理的に物事を考えようとする。女性は直感的にやってみて「解けた」というプロセスがあれば満足でどうして解けたのかとかあんまり考えないような気がしますね。
そういう部分で男の人にとって飛びつきやすい要素が(キャストパズルには)あると思います。逆にいうと女の人にはとっつきにくい要素が前面にでているかもしれませんね。でも女の方もやってみるとけっこうはまるってことがあるみたいですよ。

以前はシリーズ商品すべてがこういうブロンズ調のもの(右下:『キャストラビ』など) だけだったんです。ですが、女性をターゲットに金銀のアクセサリー調にした商品(左:『キャストドルチェ』など)を発売してから女性も遊ぶようになってくださっています。
この間はとうとう・・・初めて電車の中でキャストパズルをやっているOLさんを見たんですよ。金属でできているので音がたつんですけど静かにやっていらっしゃるんですよ。嬉しかったですね。 自分たちの商品を電車の中で遊んでくれるところを見て売れてるんだなあということを実感しました。

パズルが解けるということは「頭がいい」んですか?

ずばり、そうです。パズルをやったから頭が良くなるというよりも頭がいい人がパズルにはまりやすいという傾向があると思います。ただそれを言ってしまったらパズルの垣根が高くなってしまいます。最初僕が入社したとき、パズルの「パ」の字もわからなかったんです。でもそういう人間がキャストパズルを見て「面白そうだ」と思ったんです。この気持ちを伝えきれれば売れるな、って思いました。
“知恵の輪”ってものすごくからまっていて見ただけでうんざりするようなことがあるじゃないですか。でもキャストパズルは「これを外して、もとにもどせばいい」とシンプルでやってできなくはなさそうなので挑戦意欲がわくと思うんです。

なるほど。私も「解けそうだな」とは思うんですがなかなか解けません。
どうやったら解けるようになるんでしょうか。

キャストラビ
キャストラビ。
ラビリンス(迷路)を脱出しないと解けない。難易度5。
慣れもありますね。やっているとパターンがわかってくるんです。これは迷路系だとか脱出系だとか。そういうのがわかるようになってきたら第1段階ですね。大体、解けそうなところからは解けないんです。
ですから慣れてくると天邪鬼(あまのじゃく)みたいになってきますね。人の言ったことの裏が見えてきたりとか。

日常生活にも応用が効くんですか?

はなやま玩具株式会社
ここでたくさんの難解なパズルが作られている。
効きます、効きます。それは僕もすごく感じました。
僕が売場に立つときには「押してだめなら引いてみて」とか「発想をより豊にするグッズ」ということをキャッチフレーズにしています。
他には 「子供の頃からこれで遊んでいれば将来は何個もアイデアがでるような人間になれます」とか。ぜひ試してみてください。

パズルが日常生活にも応用が利くなんて。次回ははなやま玩具さんのパズル以外の商品についてお届けします。
あの遊んだことのある商品がはなやま玩具製だとは!

>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved