みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.13:伊藤園(3) 2004.02.10

最近、CMをよく見るのですが新商品の『サロンドカフェ』について教えてください。

サロン・ド・カフェ
【榎】はい。
伊藤園と言えばお茶というイメージがありますが、以前からコーヒーも販売しているんですよ。
ここ数年、コーヒー市場は成長が横ばいなんです。
それを見て私たちは
  「今あるコーヒーにお客さまが必ずしも
  満足しているわけではない、
  まだまだ求めるものがあるのではないか」
と考えたんです。
また、伊藤園の自動販売機の台数が増えてきたということもあり、コーヒーがよく売れる自動販売機でより本格的なコーヒーを提供したいという背景もありました。そこで当社としては初のコーヒーの統一ブランドを立ち上げることにしました。これが『サロンドカフェ』です。
名前が持っている意味でもあるんですが『サロンドカフェ』は
「サロンで飲まれたコーヒーの味わい」をコンセプトにしています。ちなみに「サロン」とは約1世紀前のフランス芸術の象徴だった“アールヌーボー”の時代、人が集う場所で芸術や文化の創造空間でした。

パッケージもオシャレで目をひきますね。

ブレンド缶のパッケージモカ缶のパッケージ
アルフォンス・ミュシャの作品をデザイン
【榎】これは"アールヌーボー"を代表する作家であるアルフォンス・ミュシャの絵を使っています。私たちはこのアールヌーボーの時代背景と今のコーヒー市場が非常にマッチしているのではないかと考えました。
"アールヌーボー"とは「新芸術」という意味で、大量生産で作られたものではなく、デザイン性や芸術性を見直していこうという動きです。
これは今のコーヒー市場にも言えることではないか、中身に徹底的にこだわり、“本物”の商品を作って今のコーヒー市場に風穴を開けたいということを象徴してこういったデザイン・商品にしました。

缶コーヒーとして今までにない感じのデザインですよね。
中身である味についてのこだわりはいかがですか。

アラビカ種とフレンチロースト
【榎】味は"本物"を作りたいということで原料や製法について
とてもこだわっています。原料はインスタントコーヒーに使われることが多いロブスタ種ではなくアラビカ種を100%使っています。
また焙煎はコクはあるけれど胃には軽いというフレンチ・ローストという製法をとっています。
抽出については香りとコクが出せるように豆をお湯につけて抽出した浸漬式、お湯を豆の上からかけて香り高く抽出できる透過式の2種類をミックスしています。

【中川】名前を隠して他のメーカーさんの商品と味を比べる調査をしたりすると5,6品ある中で1番か2番に入ります。とても高い評価をいただいています。 
私たちはこの『サロンドカフェ』を“缶カフェ”とも呼んでいます。カフェで飲むようなコーヒーのおいしさがこの缶で味わえますよ。

どんな方をターゲットにしているんですか。

【榎】元々、コーヒーの市場でメインターゲットとなっているのは男性が多いと思うんですが『サロンドカフェ』は女性をターゲットにしています。今まで缶コーヒーは飲んだことが無い、けれどもカフェには行くという方々をイメージして商品を作っています。

【中川】女性というと、缶に口をつけて飲むというイメージがなかなかありませんが、そうした方々もスターバックスコーヒーのようなカフェでよくコーヒーを飲まれているんです。そんな味がわかる方に、ぜひ『サロンドカフェ』を飲んでいただきたいと思っています。まずは一度飲んでみてくださいということで各地でキャンペーンを積極的に行っているんですよ。
最初のターゲットは女性ですが、もちろん今後、そこを切り口に一般的にコーヒーをよく飲まれる男性にも浸透していけばと思っています。

このサロンドカフェ、よく自動販売機で販売されていますね。

新発売のカプチーノとモカ
【中川】伊藤園の自動販売機にはほぼ100%入っています。
コンビニさんというよりも、自動販売機やスーパーさんに力を入れています。といいますのもコンビニさんでは、商品が売れないとどんどん入れ替わっていきますよね。ものすごく競争が激しいんです。 
そういったところではCMを頻繁に流してお金をつぎ込むような商品が残っていきます。
伊藤園では今までにコーヒーでこうした(統一ブランドの)戦略をとったことがないので集中的に知名度を上げるというより、地道に育てていきたいと思っています。見かけたらぜひ飲んでみてくださいね。

綺麗なデザインが目をひくパッケージにはこんな思いがこめられていたんですね。
先月19日に「モカ」と「カプチーノ」という新しい仲間が加わりました。
これからどのように成長していくのか要チェックです。

>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved