みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.13:伊藤園(2) 2004.02.05

先ほど(前回)お話にあったように、"お金を出してお茶を買う"ようになった時代から
さらに最近ではオピモニでとりあげさせていただいた『おいしくダイエットサポート』など、
健康茶が流行るようになりました。お茶業界の動きはどのようなものでしょうか。

【中川】伊藤園が飲料の緑茶を出したのは1985年です。元々、日本には急須でお茶を入れるという文化があったので、お茶は「家にいるときに普通に飲めるものであってお金を出して飲むものではない」という意識がありました。
ですからお金を出して飲むという意識がすぐには芽生えないだろうと考えていたのでしょう、他のメーカーさんが緑茶を発売しはじめたのは1990年頃でしたね。この頃にはミネラルウォーターがお金を出して買われるようになったんです。カルキ臭や化学物質などによる水事情の変化もあると思いますが、それまでの「水やお茶はタダ」という認識が変わってきましたね。
1985年発売当初の煎茶
1985年発売当初の煎茶
【榎】他にはこの頃、お茶に含まれる成分について科学的な研究成果が消費者の方の耳にも入るようになりました。
先ほど(前回)「宵越しのお茶は飲まないほうが良い」という話が出ました。
これは前日使って濡れたままのお茶っ葉で翌日にもお茶を淹れると味や成分が悪くなっていて場合によってはおなかを壊してしまうという経験から生まれた話です。
それが、「この成分が劣化しておなかに良くない」とか逆に「この成分がこんなことに効果があるのではないか」というような研究成果が出始めたんです。
ちょうど10年前の1993、1994年頃ですね。こうした背景がお金をだしてでもお茶を買おうかな、という流れのきっかけになったかなと思います。

なるほど。最近では健康茶が流行っています。どうお考えですか?

おいしくダイエットサポート
おいしくダイエットサポート
【榎】先ほど言ったように緑茶の健康性が科学的に解明されるようになって健康茶ブームの流れができています。それはこれからもしばらく続くと思います。
そうした中で伊藤園が発売したのが『おいしくダイエットサポート』です。
こちらはその健康性にスポットをあてて、カテキンとお茶の中に含まれているアミノ酸を理想的な配合で組み合わせて飲料化しています。『おいしくダイエットサポート』は普通のお茶と比べて1.5倍のカテキンを含んでいますが、逆にカフェインは約3分の2に抑えています。
カフェインというのは刺激が強いものですから胃に負担を掛けたりしてどうしても1日に摂る量に限界があると思います。
ですが『おいしくダイエットサポート』の場合はカテキンを含みながらも、カフェインが抑えてあるので何度でも、例えば毎食ごとにでもお飲みいただいて、カテキンを摂取する機会を増やしていただけます。 
 ※通常、カテキンを増やすとカフェインも増えてしまいます

オピモニのコメントを拝見させていただいたのですが『おいしくダイエットサポート』の味が「普通のお茶とあまり変わらない」というコメントがありましたよね。継続して飲んでいただくために(あえて)こうした味わいに仕上げました。お茶本来のおいしさを大切にしています。

狙って「飲みやすく」しているんですね。
普通のお茶と同じように生活の一部として飲んでもらうということでしょうか。

緑茶習慣
【中川】そうですね。『お〜いお茶』にも急須で淹れた緑茶と同程度のカテキンが含まれています。
でも、同じ量を飲むならば『おいしくダイエットサポート』の方がカフェインの刺激が少なくて、カテキンを多く摂ることができるということです。
いずれにせよ、ダイエットや健康に気遣っている方にとってお茶を飲むきっかけになっていただければと思っています。

伊藤園のお茶商品ラインナップにはスタンダードなものから
血糖値の上昇を抑制する特定保健食品『緑茶習慣』、カテキンにスポットをあてた『おいしくダイエットサポート』など
色々バリエーションを揃えているんです。

お茶だけでも色々ありますよね。そんな伊藤園のお茶の特徴は何ですか?

榎さん(左)、中川さん(右)
【中川】元々お茶屋さんであったということもあってお茶についてはこだわりをもっています。中でもスタンダードの『お〜いお茶』に書いてあるように「無香料・無調味」ということですね。急須で淹れたお茶本来の味わいというものを大切にしたいということで香料も加えませんし、味わいを調整するような調味もほどこさないようにしています。
お茶が色々なメーカーから発売されていますが、当社の「お〜いお茶」というのは年々販売量を増やしていて前年を下回ったことが一度もないんですよ。

そういえば十数年前には「水とお茶は買うものではない」という意識があったように思います。
一昔でこんなに意識は変わっていくのですね。
さて次回はかわいいCMでおなじみの新製品『サロンドカフェ』についてお届けします。

>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved