みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.09:東ハト(2)2003.12.4

やはり店頭でこのキャラメル・コーン君は目立ちますよね。
キャラクターのパッケージについて詳しく教えてください。


クリスマス限定
そうですね…キャラメルコーンっていうのは30年愛してきていただいた商品で、これからもずっと愛し続けていただきたいというのが私達の気持ちです。
多分キャラメルコーンにまつわる思い出をお持ちの方もたくさんいると思うんですよね。
デザイナーの方が出してくれた案の中でやっぱりこれ(今のパッケージ)がいつもそばにある商品というか、身近においてもらいたい商品ということを表しやすいと思います。キャラクターにすることによってただお菓子・ものというのではなくて生活の中に一緒にいる存在に感じてもらえるんじゃないかなと思って。
それでやっぱりこれがいいだろうということになりました。

このキャラクター達に設定とかはあるんですか?この人とこの人が恋人同士、兄弟だとか。

一応今のところは『家族』ということになっています。キャラメル一家ってことになっています。これが「コーン君」、「キャラメルアーモンド君」、それと「バタースカッチ君」と「ショコラ君」っていうのが最初のラインナップなんですね。
“キャラメルコーン”(赤)と“アーモンド”(オレンジ)っていうのが元々あった商品なんです。なのでこの2つはパッケージのリニューアルということになっています。
それにプラスして“バタースカッチ”と“ショコラ”が新アイテムとしての発売です。過去にもフォンダンショコラではないのですが、チョコレート味のものを出したことはありますけど。

このヒゲの有る無しに違いがあるんですか。

このヒゲはこの箱のタイプとカップのタイプのものについています。これらは『キャラメルコーンダブル』という種類なんです。この「ダブル」というのはコーティングを2回しているという意味で「ダブル」なんですね。
普通のタイプのものはベースのコーンにそれぞれブレンドした蜜を1回だけかけているんです。
こちらのダブルシリーズの方は同じモノを2回だとか違う種類のものを2回コーティングしているんです。だから味が濃厚になっています。また、コーティングが厚いのでサクサク感、歯ごたえが少し強くなります。シャリシャリした感じというか。

ところで、キャラメルコーンにはピーナッツが入っていますよね。
これが要る・要らない賛否両論あると思うんですが、なぜピーナツを入れているんですか。
そもそもピーナツは必要なんですか。

たくさん食べてもらうためには。(必要です)ずっと甘いとツライですよね。ちょっぴり食べるなら確かにいらないのかもしれないんですけど。別にピーナツがなくても食べつづけられる人もいると思うんですよ。
でもたくさんの人に次から次に手を伸ばしてもらいたいなと思うと味の変化がある方が「またもう1個」という気持ちになるので。
中には「ピーナツは全部残す」という方ももちろんいらっしゃいます。そういう方もいらっしゃれば「やっぱりピーナツはないとね」という声もあります。

甘いものとしょっぱいものの組み合わせということでしょうか?
でもこのホワイトチョコは一緒にレーズンが入っていますよね。レーズンは甘いのにいいんですか?

色々とその都度組み合わせを考えているんですけどこれ(ホワイトチョコ)の場合、味の変化はしょっぱさよりも酸味ですね。
レーズンもただ甘いだけじゃなくて酸っぱいじゃないですか。甘さと酸っぱさで味の変化を出しているんです。

なるほど。キャラメルコーン・リニューアルの話に戻るんですが、 この「新しさ」の維持というのはなかなか難しいのではないでしょうか。新鮮さを維持するために何か考えているアイデアはありますか。


キャラメル・ホワイト君
はい。これは今までどおりのことではあるんですがキャラメルコーンは前のパッケージの時から季節商品が常に出ているんですね。例えば秋の商品がマロンであり、冬の限定商品がこのホワイトチョコで。今度、苺がでるんですね。
定番でずっと長く愛していただける商品もありつつ、ちょっと気分を変えたいだとか、ちょっと違ったものが欲しいなという時にはこういった季節商品などをおりまぜて新鮮さを出そうと思っています。
そうすることで新しいキャラクターの顔も出てきますし、定番としても新しいものを感じていただけるのでこれが鮮度を維持する仕掛けの一つであると思います。
あとは幸いにしてこのデザインの評価が高いんです。多分キャラクターとしての魅力も持っているんだと思いますのでホームページ上の色んなプレゼントだったりとか今後グッズを皆さんにプレゼントしたりとか考えています。
お菓子だけではなくてこのキャラクターをうまく皆さんの生活の中に登場させていくような仕掛けをしていくと面白いかなということを考えています。

キャラメルコーンの仲間たちは家族、ヒゲは『ダブル』の証ということでした。
これからも新しい味で仲間が増えたり、グッズもお目見えするかもしれないとのことです。とても楽しみです。
来週からは中田英寿CBOや新商品『暴君ハバネロ』などについてお届けします。

>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved