みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.06: ナチュラルEXPO 自然の恵みフェア(1)
〜展示会に行ってみよう〜 2003.10.21

と、ここで『ナチュラルEXPO』の中から目をひく企業2社にお話を伺いました。
『ミヤコ株式会社』さんと『株式会社 日本漢方研究所』さんです。

ミヤコ株式会社 合成着色料・合成保存料不使用のお菓子屋さん

話を聞くきっかけはブースの飾りやお姉さんのエプロンについている素朴な白いねずみのキャラクターでした。
ですが、ただのカワイイ会社ではなく合成着色料や遺伝子組替食品などを使わないこだわりの会社だったのです。

−かわいいですね〜これなんていうキャラクターなんですか?
イギリスの絵本のキャラクターで『Maisy(メイシー)ちゃん』といいます。何年か前にNHKでアニメを放送していたんですよ。

−そういえば見たことがあるような…
なんでこのキャラクターがお菓子のキャラクターなんですか?
作者のルーシー カズンズが自然保護などに力を入れているんです。私たちのお菓子にぴったりだということで「Maisyちゃんおやつ農場シリーズ」というお菓子のシリーズを作りました。

メイシーちゃん
−どういうところがぴったりなんですか?
私たちのお菓子は合成着色料・合成保存料などを使っていないんです。また、国内産のものを使うなど原材料にもとてもこだわって素材の味を生かしたお菓子作りをしています。
それからミヤコにはメイシーちゃんシリーズの他にMSF(Miyako Select Foods)というお菓子のシリーズがあるんです。こちらは卵・牛乳・大豆を一切使っていないんです。
だからアレルギーのお子さんも安心して食べられるんですよ。
あと、最近では小麦にアレルギーがあるお子さんもいるのですが、その子たちも食べられる小麦を使っていないお菓子などもあります。
栄養士の甲村さん
栄養士の甲村さん
−小麦が食べられないとなると大変ですね。
昔にくらべて今はアレルギーを持つお子さんが増えているんですか?
そうですね。増えています。
そういったアレルギーを持ったお子さんもおやつを食べたいですよね。でもお母さんが毎回作るわけにはいかないし、他の子と同じようなお菓子を食べたがることもあります。そういったときにミヤコのお菓子が喜ばれます。味もおいしいですよ。

−それはいいですね。ミヤコさんのお菓子はどこで買えるんですか?
健康食品のお店や通販で買えます。食べてみてくださいね。

----
自分に子どもが生まれても「ミヤコのお菓子があれば大丈夫だ…」と妙に安心しました。お菓子を試食させていただいたのですがとてもおいしかったです。

株式会社 日本漢方研究所 様々な炭商品を開発

除湿・加湿効果がある、水が綺麗になる、消臭効果がある・・・
今、健康業界で話題になっているものの一つに『炭』があります。そんな『炭』を一面に押し出しているブースがありました!これは外せない!ということでお話を聞いてみました。
こちらでは今から8年前、炭がブームになる前から炭商品の開発・販売をしている会社です。

−こんにちは!こちらは炭商品のお店なんですか?
そうですね。健康茶やお菓子も取り扱っていますが
今は炭にかなり力を入れています。
炭そのものはもちろん、炭を使った入浴剤や石鹸、シャンプー、お菓子、竹炭チップを使ったまくらなど色々な商品があります。「竹炭のかりんとう」もあるんです。
炭って食べられるんですよ。炭はお腹の中のよごれを吸着して掃除してくれるんです。宿便解消やダイエットにいいですよ。
−そうなんですか。炭を食べるなんて初めて聞きました。
※食用に加工された炭です
他にも炭を焼くときに出る竹酢液(ちくさくえき)や木酢液(もくさくえき)も取り扱っています。色々な効果があるんですが お風呂に入れると有機成分で体の芯からあったまりますよ。

−炭ってすごいですね。こうした商品はどこで売っているんですか?
ドラッグストアやホームセンターです。あとホームページでも販売しています。

---
後日気づいたんですが
日本漢方研究所さんの商品は私の地元のドラッグストアでも売っていました。癒しの炭商品、特に竹酢液・木酢液はにこれから寒くなる季節によさそうです。

こんなお菓子があるんだったら安心、ドラッグストアで見かける商品はこの会社が作っていたんだ!などなど多くの発見がありました。
さて次回からは隣の会場で開催していた オーガニックの展覧会『自然の恵みフェア』についてお届けします。

>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2017 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved