みんな知ってるおなじみのあの商品、はたまた今話題のあの商品、
オピネットで話題になった商品などなど、注目の企業にオピネットが突撃インタビュー!
>>オピ研 バックナンバー

vol.05:株式会社 サカモト (2)2003.10.9

〜このページの写真(NOVAうさぎ以外)はカーソルをあてると変化します〜

今サカモトさんで扱っている商品はいくつくらいなんですか。数えるのも大変だと思うんですけど。

カニ アクションボールペン
えー・・・っと大変ですね。大体四半期、3ヶ月に1回くらいの割合で新商品を出しています。
まずは今ナルミヤさんのライセンス商品をやらせていただいているんです。「メゾピアノ」「ポンポネット」「ブルークロス」の3ブランドなんですが各ブランドで20アイテムくらい出すんです。それだけで40〜50アイテムくらいになりますね。

※ナルミヤインターナショナル・・・今小学生に大人気のファッションブランドを多数擁する企業。“ナカムラくん”などキャラクターも大人気。サイトはこちら

そして ナルミヤさん以外のキャラクターライセンスものも常に2シリーズくらいあります。それが15〜20アイテムずつありますから40〜50アイテムになります。その他にかっぱえびせんのようなパロディも20〜30アイテムくらい出します。だからうちが作ってうちが一般的に発売するのは四半期あたり200アイテムくらいになりますかね。なので1年だと800〜1000アイテムくらいになります。

ナルミヤさん以外のキャラクターでは日本のアニメのキャラクターからハリーポッターといった海外ものまで色々扱っていらっしゃいますがこうしたキャラクターはどうやって決めるんですか?

ライセンサーという版権を扱う会社からサカモトに「(商品化を)やりませんか?」と来る場合もあれば売れ始めているキャラクターを見つけてサカモトの方から「やらせてくれませんか?」とアプローチする場合も両方あります。

サカモトさんの方でキャラクターを選ぶ基準は何ですか?

テレビとか漫画とか売れてきたものを引っ張ってきますね。

商品の文房具と雑貨の割合はどうなっているんですか?

ジェットスキー
文房具が6、雑貨が4くらいですかね。キャラクターの特性によって7:3の場合なんかもあります。
ターゲットの年齢が低いと文具7で雑貨3にしたり、文具だけに固めたりします。
例えば 森チャックさん(作者)のグルーミーというキャラクターもやってますけども、あれはターゲットの年齢が高いですから文房具と雑貨の割合が6:4か5:5くらいの割合ですね。

キャラクターによってターゲットを絞って品揃えを変えているんですね。

gabuzame
キャラクターは売上・人気の盛り上がりと落ち方の差が激しいんです。1年か半年スパンで盛り上がってかくんと落ちちゃうので読めない部分があって在庫を持てないんです。
そういう怖さもあるんですよね。パロディはライセンスで明治製菓さん、ロッテさん、カルビーさんとかをやらせてもらっているんですけどずーっと昔から認知されているデザインとかブランドですからすごく売れるってこともないですけどすごい落ち方もなくて安定しています。

キャラクターものとパロディものとでバランスを取ってやっているわけですね。

そうですね。

今どの商品が人気なんですか?

今出しているのだとやっぱり先ほどもあったサクサクのサッポロポテトとかのシリーズですね。
ナルミヤさんのライセンスものも売れていますね。キャラクターで言うと『メゾピアノ』なんかです。
展示会で評判が良かったのはピヨピヨペンですね。ノックするとピヨピヨ鳴くっていう。
ちなみにこれ、穴ふさいじゃうと音が出ないんです。まずいことに手で持つ部分がちょうど穴の位置なんです。(苦笑)

そういえば、近頃人気のNOVAうさぎを手がけていらっしゃいますね。

超能力スプーン
NOVAうさぎはひょんなことで始まったんです。
きっかけは今出てきたピヨピヨペンなんです。もともとうちに動くギミックの面白ペンシリーズっていうのがあってピヨピヨペンがその1つなんです。
それにNOVAうさぎをつけてSP(セールスプロモーション・販売促進)とかやったら 面白いんじゃないかって話が他のチームからあったんです。
NOVAうさぎはコマーシャルもやり始めていて売れてるし、ということでキャラクターを卸してくれるかわからないけれど当たってみようかということになったんです。はじめは「卸さないよ」って言われたんですけど途中から話が変わってきて「卸します」っていうことになって今やらせてもらっています。

反応はいいですか?

売れているみたいですね。僕、営業じゃないのでダイレクトな反応はわからないんですけど。文具と雑貨をやらせていただいているんですけどうちの商品はよく売れているみたいです。

NOVAうさぎの客層はどんな感じですか

はじめターゲット層は高めで考えてたんですけど思ったよりは下のほう、小学生くらいの方も結構買っていくみたいですね。

今回は全体の商品についてのお話でした。また、今大人気のNOVAうさぎはこうしてグッズ化されたんですね。
次回はキャラクターグッズについてのお話をお届けします。

>>オピ研 バックナンバー
ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2016 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved