個性豊かな3人のイラストレーターが
交代で『モノのある生活』を楽しく描くイラストエッセイ。
>>バックナンバー一覧

2014.06.11 伊勢みやげ〜萬金飴と梅カップ〜【影山直美】

先日、伊勢に行ってきました。
おいしいものの話をいろいろしたいところですが、
ここでは私がお土産に選んだものから2つご紹介します。

(その1)伊勢くすり本舗の萬金飴

旅の前に友人が
「伊勢くすり本舗というところが出している
甘くてほろ苦い∴ケがあるはずだから、それを買ってきて」
とメールしてきました。 
商品名が確認できないまま現地に到着した私は、
とりあえず伊勢神宮に近い「おはらい町」をぶらぶら。
すると小さな屋台から「おひとつどうぞ」と
試食用に差し出された焦げ茶色の粒。
屋台の看板よりも先にその粒に目がいったのですが
一目で「これだ!」と思いました。
大正解。友人の言う甘くてほろ苦い∴ケでした。

名前は「萬金飴」。
伊勢に古くから伝わる丸薬「萬金丹」をモデルに作られた飴で
3種類の和漢薬が配合されています。
ま、萬金丹!そうだったのか。
子どもの頃に見た時代劇の商人が
売り歩いていた、あの萬金丹。
一度聞いてから忘れられなかった名前です。
ここでその記憶にたどりつくとは。

江戸時代は「萬金丹」が旅道中の常備薬とされていたとか。
かさばらず持ち歩くのにも便利なことから
伊勢土産として買い求める人も多かったそうです。

「萬金飴」は薬とは違いますが、
このほろ苦さを味わいながら
江戸の昔に思いをはせるのもまた一興です。

(その2)伊勢萬の梅カップ

これは旅の前からチェックしていたものです。
カップの梅酒。
箱買いすると決めていたので、お店に入るやいなや
「梅カップをまとまった数で欲しいんですが
箱だと何本入りになりますか」
と聞いてしまいました。
20本だそうで、1箱お願いして送ってもらいました。
おかげ参りの犬の絵がかわいいんです。
日本犬好きの友人へのお土産に配ったら、
とても喜ばれました。

6月上旬から
12本入りのセットにて通販開始されたようです。

執筆者紹介:影山直美

柏木きなこ

誕生日:7.13

現住所:神奈川県

ひとこと:
(主な仕事)雑誌やパンフレット・広告のイラストなど。イラストエッセイ。
雑誌『Shi-Ba』(辰巳出版)にて4コマまんがとエッセイ連載中。雑誌『いぬのきもち』(ベネッセコーポレーション)にてイラストエッセイ連載中。

湘南いそいそ家飲み日記

最新刊『湘南いそいそ家飲み日記』 絵と文 影山直美
(メディアファクトリーのコミックエッセイ)
晩酌のために何かを頑張る。ささやかだけど私の生きがいのひとつです。
『とことん柴犬さんのツボ〜素晴らしきかな犬生!』
絵と文 影山直美 (辰巳出版)
おかげさまでシリーズ第8冊目となりました(2014.4更新)

URL: [海辺のアトリエKotori]
http://www.geocities.jp/atelierkotori/

次回予告→【柏木きなこ】6月19日(木)の更新です。お楽しみに! 柏木きなこ

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
えんどうさん  40代女性  2014/06/12 14:38:41
買います梅カップ・・・!

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2019 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved