個性豊かな3人のイラストレーターが
交代で『モノのある生活』を楽しく描くイラストエッセイ。
>>バックナンバー一覧

2014.02.12 電気を使ずあったか! ペット用「もっとほっとマット」【影山直美】

愛犬ゴンは16歳。
病気にかかったこともあって
今は寝たまま生活です。
体がなかなか温まらないので、この冬はかなり気を使いました。

服を着せることも考えたのですが
それだとオネショをしたときに濡れてしまう。
ベッドの上に毛布を敷く、湯たんぽを入れる、
体の上にも毛布をかける、マッサージをするなど工夫をしてきました。

でも足がどうしても冷えてしまう。
なにかいいものはないかと
ペット用品売り場に行ったら、
こんなものを見つけました。
熱を加えるのではなく
ペットの体温を利用して温めるという構造。

ホットカーペットのように温まるわけではありませんが、
低温火傷の心配もないし
留守番のときも安心。

ただ、中の発泡ビーズがパラッと数粒、床に落ちていることがある。
縫製の問題なのか?
内袋がもう少し丈夫だと安心です。

執筆者紹介:影山直美

柏木きなこ

誕生日:7.13

現住所:神奈川県

ひとこと:
(主な仕事)雑誌やパンフレット・広告のイラストなど。イラストエッセイ。
雑誌『Shi-Ba』(辰巳出版)にて4コマまんがとエッセイ連載中。雑誌『いぬのきもち』(ベネッセコーポレーション)にてイラストエッセイ連載中。

web連載スタート!
イラストエッセイ『柴犬ゴンの病気やっつけ日記』(KKベストセラーズ)

柴犬さんのあいうえお帖

最新刊:『銀柴さん 柴犬のゴンが語る長生き生活の知恵』
(辰巳出版)
(2013.9更新)

URL: [海辺のアトリエKotori]
http://www.geocities.jp/atelierkotori/

次回予告→【柏木きなこ】2月20日(木)の更新です。お楽しみに! 柏木きなこ

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
不二子さん  30代女性  2014/03/05 17:00:41
私が事故にあって入院してたとき、
病院は暖かいのですが
脚の先だけ冷たくて困りました。
寒いというと、もう一枚かけてくれるのですが
身体全体が汗をかいてしまうのに
脚の先は冷たいんです。
とても優しい夜勤の看護婦さんが
私は何も言わなかったのに、
私の手と脚を触って、脚の先が冷たいのに気付き、
暖めたシーツを脚の先に巻いてくれました。

言葉がしゃべれても
自分でもどうして欲しいのかわからず伝えられず
ましてしゃべることのできない動物、
触って感じてあげての看護、
ごんちゃんとてもうれしかったと思います。
景山さんのわんちゃんでほんとうに幸せだったと思います。

優しく看護してくれてありがとうございました。


きょんママさん  50代女性  2014/02/12 22:17:03
ほっとマットと言えば下とばかり考えていましたが上に掛けてあげるという発想も有りですね

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2019 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved