個性豊かな3人のイラストレーターが
交代で『モノのある生活』を楽しく描くイラストエッセイ。
>>バックナンバー一覧

2013.01.15 ワンカップの楽しみ【影山直美】

日本酒のワンカップが好き。
不思議なワクワク感のようなものを感じます。
なんでこんなに惹かれるんだろうと、
ふと自己分析してみました。

たどりついた理由、
それはおそらくすり込み≠ナす。
今は亡き祖父がいつも手にしていたのを
幼少の頃から見ていたからではないか?

お酒が好きだった祖父は、
電車や車に乗るようなお出かけのときは
いつもワンカップを手にしていました。
駅の売店とかで、いつのまにかものすごい早さで買って来るから、
誰かが「おじいちゃん、早くしてよ〜」と言うのを聞いたことがない。
祖父は、自分の分だけでなく必ずお連れの人のも買って配り、
いつも楽しそうでした。
その祖父の笑顔とワンカップが
私の中でセットになってすり込まれているに違いない。

それともうひとつ。
ワンカップには旅のイメージがあることも、
ワクワクする理由のひとつかも。
ご当地ワンカップなど見かけると
つい手に取ってしまいます。

とても気に入っているご当地ワンカップがあるので
そのお話をしましょう。
友人が北海道旅行のお土産に買ってきてくれたものです。

男山酒造の「純米生貯蔵アルミ缶」。
天然記念物のクマゲラのイラストが大きく描かれていて、かわいい。
お酒を飲んだ後も缶が捨てられずに取ってありました。

それをふと思い出し、なんとか購入できないかとネットで検索。
ところが男山酒造のホームページには
このクマゲラ缶≠ヘ写真すら載ってないのです。
ご当地モノだから、やはり現地に行かないと買えないのかな?

しかしあきらめずに探した結果、
北海道の産物を取り扱うお店で発見。
思い切って40缶ほど買いました。

アルミ缶で軽いので、ちょっとした手みやげにも最適。
瓶のお酒を持って行くより気軽に渡せます。
「かわいい、こんなのあるんだ〜?」と話題も広がり、楽しかった。
あれ、なんか私も祖父に似てきたのかな?

執筆者紹介:影山直美

柏木きなこ

誕生日:7.13

現住所:神奈川県

ひとこと:
(主な仕事)雑誌やパンフレット・広告のイラストなど。イラストエッセイ。
雑誌『Shi-Ba』(辰巳出版)にて4コマまんがとエッセイ連載中。雑誌『いぬのきもち』(ベネッセコーポレーション)にてイラストエッセイ連載中。

web連載スタート!
イラストエッセイ『柴犬ゴンの病気やっつけ日記』(KKベストセラーズ)

柴犬さんのあいうえお帖

最新刊:『銀柴さん 柴犬のゴンが語る長生き生活の知恵』
(辰巳出版)
(2013.9更新)

URL: [海辺のアトリエKotori]
http://www.geocities.jp/atelierkotori/

次回予告→【柏木きなこ】1月23日(木)の更新です。お楽しみに! 柏木きなこ

 ※この掲示板は受付を終了しました。
※不適切な発言は管理者側の判断により削除する場合があります。
きょんママさん  50代女性  2014/01/16 22:03:19
いつもはビール党ですがワンカップもいいかもと思ってしまいました〜私もお取り寄せしようかな〜

ネネのおっかあさん  40代女性  2014/01/16 20:56:09
我が家にも今年5才の白柴と16才の銀柴さんがおります。
おばあちゃんは快便快眠快食でまだまだ元気!ごんちゃんもまだまだ頑張れるよー
http://ameblo.jp/nenenookka106

ユキさん  50代女性  2014/01/16 14:36:36
今月19日に17歳になる銀柴ゴン太の母です。毎日アトリエkotori楽しみに読んでます。ゴンちゃんガンバレ

ホームへ | 企業インタビュー | イラストエッセイ| アンケート
このウエブサイトは(株)マーケティング・コミュニケーションズにより運営されています。
Copyright(c)2003-2019 Marketing Communications, Ltd. all rights reserved